部長は絶対権力者、デスクは毎日寝る時間が違う

○部長は絶対権力者、デスクは毎日寝る時間が違う

日経新聞社の編集局について、解説しています。

前回は、「編集局長が紙面の大方針を決める。雑誌と違ってわかりにくいが、さりげなく変更されている」と書きました。

今回は、基本的な部の組織構成について、お話しましょう。担当の分野、規模の違いなどはありますが、だいたいこんな感じの組織です。

権力ピラミッドは、
「部長―デスク(課長職。4−6人)−キャップ(係長・主任に相当。4−6人)−記者(ヒラ。数十人)」となっています。

部長は、部全体の人事と予算を握っています。通常の企業と違って、本社の人事部はあまり権限がなく、ささやかな事務方にすぎません。つまり部員(デスクと記者)のボーナス査定や人事異動などを一手に取り仕切るので、彼らの生殺与奪は部長次第なのです。

編集局全体の部長会に毎日出席して、紙面つくりに参加する一方で、部内では「デスク会」を統率して、その部が責任を持って編集する紙面の方針や、記事の扱いについて、主導権を発揮します。

部長の下に、デスク(課長)が数人いて、日替わり・朝夕刊交代で、部の責任担当面を編集します。記者が出してくる記事を吟味して、そのニュース価値に応じて採用・不採用、掲載面や掲載の大きさを決めます。

土日であろうが、深夜であろうが、デスクの誰か1人は必ず出社していなければならないので、不規則な生活になり、体力的にキツイ仕事です。
私の友人は、
「毎日寝る時間が違うのが辛い」といいます。自由に動き回っていた記者時代と打って変わって、ずっと机に張り付いていなければならないのも苦痛になるようです。

デスクは自分で取材・執筆はほとんどしないので、「編集者」といってもいいでしょう。部長・デスクとも記者出身(記者卒業?)で、デスク以上は管理職で内勤です。そのせいか、だんだん感覚も会社員らしくなっていきます。年齢で言うと、デスクは40代前半が中心です。
    
☆──[今回のまとめ]─────────────   
1.部長が人事と予算を握る      
2.毎日寝る時間が違うデスク
3.デスクは記事を書かない
☆───────────────────────


▲この内容は、
私の発行するメルマガ「3分でわかる!広告の達人・・・3分の1の予算で3倍の効果」
(11869部発行)と連動しています。
ぜひ一緒に読んでください。
効果が倍増します。
購読はこちらから→→ http://www.limited1.jp

ブログランキングにエントリー中です。面白いと思った方は応援の1クリックお願いします→人気blogランキングへ





                   
posted by 伊藤雄一郎 at 2012年09月18日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日経を知ろう