NHK:誰にどうやってアプローチするか



前回は、「NHKの好み、番組の制作手順」でしたね。
「NHKが好むインタビューコメント」「演歌、高校野球に近いセンス」「番組内での企画決定までの流れ」などでした。



制作部門の職制と役割



 今日は、NHKの番組に取り上げてもらうために、どうしたらいいか、をお話しします。

まず、そのために、NHKの制作部門の職制と役割を知りましょう。

チーフ・プロデユーサー(CP)

番組の最高責任者です。予算と人事を握っている、偉い人。
だいたい内勤で、机の上で仕事をしているので、取材先と接触することは、あまりありません。一般企業で言うと、部長クラス。

デスク

民放でいうところの、ディレクターに相当します。
制作のうえで、一番中心になって、企画を考える人。
スタジオやロケ撮影の現場でも仕切っています。
一般企業で言うと、課長クラス。

プロデユーサー(PD)

民放でいうところの、アシスタント・ディレクターに相当します。
制作のうえで、手足になる人。
スタジオやロケ撮影の現場でも、走り回っています。
一般企業で言うと、平社員。

記者

ニュース番組のみを担当しています。
大手新聞社の記者と同じで、記者クラブなどに所属し、日々の取材をしています。企業ネタの場合は、経済部になります。

地方局と東京本局で大きな差があり、新人はまず地方で経験を積み、認められると東京にのぼって、大きなネタを追います。

解説委員

記者のエリート。
新聞社でいうと、社説を書く論説委員に相当します。
NHKとしての意見・ニュースの解説などを担当。
トップは解説委員長(新聞は論説委員長または論説主幹という)

posted by 伊藤雄一郎 | 日経を知ろう